大分市ベビーサイン教室ことりの、講師の石井あつこです。

継続クラスも2回目。

今回は「色」で遊びました。
まずは色のサインをレクチャーして、絵本で確認。
 


NHKの「おかあさんといっしょ」でおなじみの曲なので、ママやパパも鼻歌を歌いながら、サインを実践しました。
赤ちゃんの色の概念はまだまだこれからですが、遊びを通して色の意味をなんとなく分かる子もいます。
 



「赤い鳥ことり、なぜなぜ赤い、赤い実を食べた」
お歌を歌いながらそれぞれの木にシールで実を実らせます。
シール遊びが初めての子もいたようですが、同じ色にピンと来た子もいたようです。

 


小学生のお姉ちゃんにシール貼りの相手をしてもらったりは、日曜日レッスンならではです。



ベビーサインを始めたばかりのころはお座りがやっとだった赤ちゃんたちも、みんな一人前に歩けるようになったので、初めてアドバルーンで遊びました。
大きなバルーンにおっかなびっくり。なかなか近づこうとしなかったので、一番に小学生のお姉ちゃんに入ってもらいました。
 





「お姉ちゃんが入るなら私も・・・」

と一人入ると・・・。



 


あっというまに、大人気。
しばらくボールや風船で遊びました。
ママもパパもお姉ちゃんも楽しそうでしたよ。



Instagramで紹介した、うさぎさんはこんなパネルになりました。
 


【長い】のサイン、意味を分かってもらえたかな?
 


個人的にはもう少し改良したいな・・・😅
 

 


 


次回基礎クラスの開講は9月を予定しています。

  • 基礎クラスのレッスン内容等は[こちら]
  • ベビーサイン教室「ことりの」については[こちら]
  • Facebookページいいね!大歓迎![こちら]
  • Instagramも不定期で更新中[こちら]

保存保存