image

大分市ベビーサイン教室「ことりの」の石井敦子です。
秋深まる今日この頃、我が家では息子が小学校を休んでゴホゴホやっておりまして、移されるんじゃないかとマスク装備でビクビクしております。

さて、少し前にNHKで放送された番組で

「親が我が子と過ごす時間はどれくらい?」

という内容がありました。

 

これは一緒に暮している期間ではなく、顔を合わせて会話が可能な状態が一生のうち時間にするとどれくらいかを、平均的な生活パターンと平均余命から算出するというものでした。

保存保存

保存保存

例えば、結婚して親元を離れている人が、お盆や正月だけ実家に帰省する場合、

お盆やお正月など、1年に親と会う日数は平均6日

といっても、実家で両親と24時間一緒に居るわけではありませんよね。

1日に親と顔をあわせる平均時間は、4時間程度だそうです。

 

となると、1年間で両親と過ごす時間は

6日間×4時間=24時間となり、

1年間両親と一緒の時間は1年でたった1日分

 

このブログを読んで下さっている方は、赤ちゃんのママさんが一番多いと思うので、こう感じた方もいるかもしれませんね。

 

「もっと孫の顔見せにいってあげよう」

いえいえ、おじいちゃんやおばあちゃんだけの話ではないんです(゚o゚;;

新生児の赤ちゃんと、ママさんが一緒に過ごせる残り時間を100%とします。

赤ちゃんが成長し、幼稚園に入園した時点で、一緒に過ごせる残り時間は80%近くまで減り、

幼稚園を卒園した時点で70%を切るそうです。

小学校を卒業すると50%以上を消費。

18歳で親元を離れれば残りは30%を切るのだそうです。

 

我が子はいつまでも一緒じゃないから、今を大事に、めいいっぱい子育てを楽しんでもらいたいなぁと、改めて思ったのでした。

ベビーサインがあったら、ベビー期の育児がもっともっと楽しめますよ!

 

ちなみに、番組で紹介されていた、我が子と生涯で一緒に過ごせる「実質の時間」は、母親は約7年6か月、父親は3年4か月だそうです。

 

私も息子ともっとお話ししよう〜!

 


ベビーサイン、私も参加してみたいな!

第2回目からのレッスンへの参加がまだ間に合います。

1回目のレッスン内容を簡単に体験して頂きますので、早めにご連絡下さい。

レッスンの日程が生徒さんの都合で変わっていますので、ご確認ください。